Iphone 充電 すぐ なくなる。 iPhoneのバッテリーがすぐ無くなる原因はコレ!7つの超節約法を紹介

iOS 14にアップデートしたらバッテリーすぐ減る問題、Appleの対応策は「バックアップしてiPhone全消去リセットからの復元」

⚡ 使用しないWi-Fi設定をオンにしている• 」についてご説明してきましたが、iPhoneのバッテリーには他にもよく発生するトラブルがあります。 Bluetooth機器に接続している• 2,バッテリー異常!?充電が急に減った時「iPhoneのココをまずはチェック!」 「最近iPhoneの電池の減りが早いな」と感じても、具体的にどうすればいいのかはすぐにイメージしづらいですよね。 バッテリーの経年劣化によるバッテリー容量の縮小• このグラフを見れば、1日のバッテリーの減り方が一目瞭然。

6
35度を超える場所で使ったり高温な場所で充電したりすると、バッテリーに深刻な損傷を与えることがあるので、真夏の高温な環境では注意が必要です。

充電したiPhoneのバッテリーの減りが早い!異常!原因と対処方法を修理屋が教えます|スマートドクタープロ

😊 Fone」で修復させてから、低電力モードの利用や設定の見直しましょう。 また他に考えらるのは、iPhoneの充電コネクター部にごみが溜まっている可能性です。

17
またiPhoneの使い方によっては、バッテリーの寿命が短くなるので、バッテリーを長生きさせる方法を後の章でご紹介します。 だからこそ日本では一番使われているスマートフォンになったのだと思います。

iPhoneのバッテリーがすぐ無くなる原因はコレ!7つの超節約法を紹介

⚠ バッテリー自体に異常がある可能性があるときは バッテリー交換や 端末買い替えを検討するタイミングかもしれません。

12
充電がすぐなくなってしまうという方は、ご紹介した設定やiOSアップデート方法について試してみてください。

iPhoneの充電がすぐなくなる理由は?バッテリーを長持ちさせる方法もご紹介

😅 なお、iPhoneの修理業店がバッテリー交換する手順を画像付きでお伝えします。 ホーム画面への通知表示・通知音・バイブレータの振動、どれも単体では僅かなものですが、1日に数十件数百件も受け取っているようなら馬鹿にできない負担になっています。

4
バッテリー状態の変化はもちろん使用環境によりまちまちなのですが、目安としてはiPhoneの購入から1年以内に80%を割るようなら初期不良を疑って良いレベルです。 なお、「iPhoneのバッテリーをできるだけ長持ちさせたい」「iPhoneのバッテリーが直ぐに悪くなってしまう」という人は次の章の内容を参考にしてください。

iPhoneの充電がすぐなくなる理由は?バッテリーを長持ちさせる方法もご紹介

🤭 どうしても自分で交換したい場合は、自己責任でお願いします。

1
できるだけ急速充電器ではなく純正品として販売されている充電器を使うようにしましょう。

iPhoneのバッテリー減りが異常に速いです…その原因と対処方法を紹介!

🐾 1年間の「Apple製品限定保証」にはバッテリーに対する修理サービス保証も含まれていますので、購入後1年以内なら欠陥バッテリーを無償で交換できます。 iPhoneのバッテリーが突然減る原因は、ずばり経年劣化 満充電したはずのiPhoneのバッテリーが、50%など一定の残量から突然10%以下に減ってしまう。 現在公開されている多くの追加要素から今まで以上に期待されていますが、アップデートするとバッテリーの減りが早くなったと感じる方もいるのではないでしょうか。

音声、振動での案内• 自分でバッテリーを取り寄せて交換する 自分でバッテリーを取り寄せて、交換する方法です。 iPhone端末の温度が高いまま使用しない iPhoneで一度に多くの機能を使ったり、動画を長時間再生したりすると、 端末の温度が高くなることがあるのではないでしょうか?iPhone端末が熱くなっているときの使用は、 バッテリーにダメージを与えるので控えましょう。

スマホの充電がすぐなくなる原因と対処法!電池の減りが早い時は設定を確認!

✇ バッテリーが膨張してiPhoneの厚みが増している 特に注意したいのは、バッテリーの膨張です。 確認方法は設定アプリから「バッテリー」の項目をタップすれば、数秒の読み込みの後に表示されます。 iOS 14にアップデートした人、新機能を楽しんでいると同時にバッテリーがすぐ減るという問題起きてません? Twitterにもたくさんのユーザーから報告があがっているようですが、どうやら原因はApple Watchとの連携にあるようです。

10
iPhoneに内蔵されている「リチウムイオンバッテリー」には、電気用品安全法により「PSEマーク」の表示が義務付けられており、この表示を行う為には厳しい試験を行う必要があります。