東京 都 入札。 電子調達システム

東京都と23区市町村の入札についてのまとめ。参加資格や電子入札などを解説

🌏 まとめ 今回は「東京都」と東京の「23区市町村」にポイントを絞って、それぞれの自治体ごとに使われる2つの電子入札システム(東京都電子調達サービス/東京電子自治体共同運営電子調達サービス)と、その利用方法について説明しました。 東京消防庁• 23区市町村の入札に参加する ここからは、東京「23区市町村」の入札に参加するための手続き、特に「」を使った電子入札の方法について説明します。 ICカードリーダ• A4用紙への印刷が可能なプリンタ ただし東京都電子調達システムと同様、ICカードリーダとインターネット回線も必要になるため、注意してください。

病院経営本部• 建設局• このため「入札情報の収集」を効率的に行いたいなら、民間の入札情報サービスを使うほうがおすすめです。

電子調達システム

😂 【参考記事】 これに対し、東京都内の自治体による入札案件では「都」と「23区市町村」で制度が異なります。 『東京都電子調達システム』の機能 東京都の電子入札サイト「」には、主に「入札情報サービス」と「電子入札」「資格審査」という3つの機能があります。 1もしくはWindows10のパソコン• 業務委託• 東京電子自治体共同運営 電子調達サービスの「事前準備〜入札参加資格の取得〜電子入札」までの流れも、基本的には東京都電子調達システムと同じです。

産業労働局• 総務局• 東京都、23区、市町村など発注者となる自治体の数や種類が豊富なうえ、国の省庁や外郭団体などの多くも都内に拠点を置いているからです。

東京都と23区市町村の入札についてのまとめ。参加資格や電子入札などを解説

⌛ 外郭団体の入札案件に興味がある場合は、原則としてそれぞれの公式サイトや「」のような専用サイトで情報を収集し、入札手続きを行うことになります。 物品買入れ等の入札に参加する場合: 東京都物品買入れ等競争入札参加資格 どちらの資格申請も「東京都電子調達システム」から行います。

3
『東京電子自治体共同運営 電子調達サービス』の使い方 「東京電子自治体共同運営 電子調達サービス」の主な機能もトップページの上部に並んでいます。

電子調達システム

🔥 「東京都」と「23区市町村」では入札参加資格が異なる 同じ都内の入札案件でも、入札制度(入札資格や入札参加の手続き)は発注者によって異なります。 はじめてシステムを利用する場合、まず「推奨環境について」と「パソコンの設定」の内容に従ってハードウェアとソフトウェアを設定してください。

環境局• 管設備• 小笠原村• 詳しくは「マニュアル」のページからそれぞれの手順書をダウンロードしたうえで、確認してください。

東京都と23区市町村の入札についてのまとめ。参加資格や電子入札などを解説

🤭 電子入札・資格審査…日曜日から金曜日の0時〜8時、21時〜24時/土曜日の終日 『東京都電子調達システム』を利用する 「」の主な機能は、トップページの上部に並んでいます。

20
それでは、「都」と「23区市町村」の入札制度について、それぞれ解説していきます。 東京都の「入札参加資格」とは? 東京都の入札案件(電子入札)に参加するには、以下の入札資格が必要です。

東京都における物品、役務の提供の入札の格付け方法を解説いたします。

⚒ 交通局• なお東京都電子調達システムは、メンテナンスのために以下の時間・曜日でそれぞれサービスが停止するため注意が必要です。 入札の「発注者」について 「東京電子自治体共同運営電子調達サービス」に参加しているのは、以下の58団体です。

中央卸売市場• 入札の「発注者」について ひとくちに「東京都の入札案件」といっても、発注者には以下のような機関があります。 水道局• また、 過去の入札案件(入札結果)は前年度の4月1日以降のものしか閲覧できず、それ以前の案件は表示されませんし、検索できるのはあくまで「東京都の入札情報」だけです( 23区市町村の入札情報は検索できません)。

電子調達システム

😔 Internet Explorer 11• このうち「事前準備等」のページでは、さらに細かくメニューが分かれています。

17
もちろんこれは、全国の自治体の中でもトップの数字です。