くちばし が きいろい 意味。 【コトダマン】6文字 言葉一覧

「く」から始まる故事・ことわざ・慣用句一覧

⚔ 転じて、経験や知識、技能などが他の人より少しすぐれていること。 蘊蓄を傾ける(うんちくをかたむける) 自分の学識、技能のありったけを発揮する。 顔に泥を塗る(かおにどろをぬる) 名誉を傷つける。

3
陰に籠る(いんにこもる) 1 表に現われず心のうちにこもっている。

【コトダマン】6文字 言葉一覧

💢 「木で鼻をくくったような挨拶」 軌道に乗る(きどうにのる) 物事が、あらかじめ計画したり、予想していたりした通りに、順調にすすんでいくようになる。 先を越される。 公にする(おおやけにする) 世間一般に知らせる。

9
いちにちの長。

おもな慣用句とは

🌏 「練習中は息を抜くな」 息を呑む(いきをのむ) 緊張や驚きで、息を止める。

11
意地を通す(いじをとおす) 自分の主張や考えをどこまでも押し進めていく。

おもな慣用句とは

😭 わざわざ訪ねて行く。 ことごとく。

承知しない。 お茶を挽く(おちゃをひく) (客のつかなかった遊女が茶臼で茶葉を挽かされたことから)芸妓や娼妓などがお客がなくて暇なことにいう。

おもな慣用句とは

⚛ 胡坐をかく(あぐらをかく) (足を組んで楽な姿勢ですわる意から)その立場や状態にあっていい気になっている。

下に打消の表現を伴って用いる)なんの一言も。 目的としたところ。

【コトダマン】6文字 言葉一覧

♥ 「大物俳優が顔を合わせる話題のドラマ」 3 対抗試合などで競技を争う組合せとなる。 「泡を食って逃げ出す」 暗礁に乗り上げる(あんしょうにのりあげる) (航海中、船が暗礁に乗り上げると動きがとれなくなるところから)思いがけない困難によって、事の進行が妨げられること。

15
。 生活に困る。