青森 市営 バス。 市バスダイヤ、ルート、運賃等/青森市

戸山団地線[青森駅前

✊ 滝沢回転所• (2)運賃表で整理券と対応する料金を確認します。 青森市営バス [K32]横内環状 青森駅前行• (16年)• バス乗換路線• 『市営バス60年のあゆみ』 青森市交通部編 1986年• 14分• 参考文献 [ ]• 跡地は青森支店として整備された。 12月2日:この日から、市営バスの一般乗合旅客自動車運送事業に係る管理の委託をが受託。

路線バスご利用の場合 青森市営バス 青森駅前4番乗り場より、【青森公立大学・モヤヒルズ線】「モヤヒルズ」行、「青森公立大学」行、または【横内環状線(左回り)】に乗車、「青森中央学院大学前」下車。 以降は、青森市営バスの廃止路線はなく、新たな市民バスの運行社会実験が行われない。

青森駅前からサンロード青森前 バス時刻表(横内環状線/幸畑団地線[妙見経由][青森市営バス])

⚒ (始)• 青森市橋本2丁目(NTT東日本青森支店1階• 野木回転所• 待合室設置。

8
しかし、路線網が広いゆえに財政状況は逼迫し、合理化の一環で(昭和40年)より順次ワンマンカーを導入している。 バス乗換路線• 青森市大字矢田字山野井• バス乗換路線• 青森市安方1丁目• 蟹田・三厩線、三厩・竜飛線を担当していた。

戸山団地線[青森駅前

💖 そのようななかで、平成21年10月に青森市が策定した『青森市総合都市交通戦略』の重点戦略「バス交通に関する戦略」において、市民の生活交通を守るため、現在の市民のバス利用可能圏域を維持することを前提条件とし、冬期積雪時にも遅延が少なく、市民の誰もがわかりやすく利用しやすいバス交通体系とするとともに、将来的にも持続可能なバス交通としていくための抜本的な路線再編や運営方法の見直しに着手することとした。 バス乗換路線• 古川 - 駅西口通り - 沖館 - 新田 - 油川下町 - 前 - 岡町 - 厚生病院前 - 新城駅前 -• バス乗換路線• 青森駅前 - 古川 - 西滝 - 南口 - 三内霊園入口 - 前 - 戸門 - 前 - 大釈迦北口 - 高屋敷 - 浪岡 - 浪岡駅前 -• 浪館・中央循環線 2010年(平成22年)4月1日より委託• 浪岡線(旧浪岡町との合併により同日から運行開始。 15時• 以前は3番のりば付近に設置され、バス発車時に案内放送を行っていたが、現在は青森市観光交流センター内に移転し案内放送も廃止されている。

6
堤橋発売所• 元々は堤橋案内所としてバス発着所の役割も果たしていた。 高齢者福祉乗車証所持者の運賃の一部負担を実施。

市営バス時刻表/青森市

🤲 青森市内でねぶた祭りなど大規模な交通規制実施時は、迂回運行などで掲示の経由番号と異なるルートをとる場合があった。 JRバス東北 青森駅前1番乗り場より【モヤヒルズ(公立大線)】に乗車、「青森中央学院大学前」下車。

8
G 明の星通り線 [ ]• 運賃のことを『 料金』と呼んでおり、一般路線車両の運賃箱のステッカーには『 料金箱』で表記されている(空港線運用車両では『運賃箱』で表記)。 横内環状線(一部)• 青森市営バス [K32]横内環状 青森駅前行• 古川 - 柳町通り - 中央大橋 - 大野十文字 - 農協会館前 - 荒川十文字 - 荒川筒井 - 高田日野 - 高田教育福祉センター前 - 高田中学校通り - 追分 - 入内(中央大橋・荒川十文字・高田教育福祉センター経由) 青森観光バスが運行を受託している。

青森市営バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

🤐 バス乗換路線• 付近にはバス待合所もある。 上記のうち、複数の地点を経由する便については、最も特徴的な経由地の番号を掲げている。 バス乗換路線• 西部営業所の移転により雪印工場前経由となったことから廃止。

新町線(一部)• 小湊営業所を東部営業所の小湊出張所に改組。

青森市営バスの路線バス系統一覧|路線バス情報

⚡ バス乗換路線• バス乗換路線• 運行事業者 有限会社八洲交通 (電話:017-737-3810)• 「桑原」バス停隣接。

東津軽郡平舘村• (平成26年)10月1日 - 浪岡線(大釈迦経由)が運休となり、青森市市民バスがバス運行社会実験として運行を開始した(運行は弘南バスの担当)。